“Requile” (RE)NEW(ED)


ベルギー在住のサウンドアーティストDavid Nizetの別名義。
激しくサチュレーションされたノイズから作られる仄暗く有機的なドローンサウンド。
EUの首都とも言われるブリュッセルを擁するベルギーは歴史的に見れば旧石器時代より農耕と牧畜、漁業を中心としてその技術を高めてきた国であり、紀元前後のローマ文化の流入までは日本と非常に近いスタイルの暮らしがあったと言える。
その意味で、現在のベルギーの土壌からこのような世界同時的であり、また独特の質感を持つ音楽が生まれてくる事はとても興味深い。
真摯に世界を認識しようとするアーティストほどその作品は重い闇を感じさせるが、逆説的だが、希望等ないという認識がまず世界を希望的にし、二項対立から我々をいくらか自由にする。

info.

catalog no. : MMR-09
format : CDR
released : 2011/09/07

track listing.

01. nouvelle route
02. lichen et filaments
03. navigation paranoi¨aque
04. nocturne
05. improbable me´lange
06. absorption
07. voyage vers le Nord
08. alte´ration
09. d'air et d'eau